退院調整看護師、という仕事

色々と情報を見ていると、これからは看護師の役割がさらに病院経営にも関わって重要になってくるように思いますね。

チーム医療として他職種との連携。

患者さんを早く在宅に戻せるように看護師が出来る事って、今以上に求められてきていますが・・・具体的に何が出来るのかな?と試行錯誤の日々です。

キーワードは「在宅医療」ですよね。
退院支援。

あまり意識したことはなかったですけど、これからは看護師も診療報酬改定について意識を向ける必要があるのかなと思ったりもします。

知り合いに退院調整をメインに行う仕事をしている人がいます。

退院調整看護師、というお仕事も、なんだか大変そうです。
色々な人と調整を行うので、たまに気を抜く瞬間をしっかり持つ事を心がけているそうです。

退院を歓迎する患者さんばかりでは無いのが、時々大変みたいですね。
色々な家族の形もありますよね、確かに。。

独居の場合なども、考えるべき事が多く大変みたいです。

ちなみに求人自体はとても少ないので、なりたくてもなれない人も多いんだそうです。

退院調整看護師の求人・募集

話を聞いていて、私にはとても無理だなと思う職種の一つですね。

でも、もっと頑張ってスキルアップして知識も付けないと、といつも思わされますね。

頑張りたいです。

子供2人、看護師の仕事と両立

育児をしながら看護師として仕事を続けている方もとっても多いと思います。

大変な事、多いですよね。

ようやく子供達がみんな少し手が離れてきたので、気持ちも余裕が出来てきましたけど、二人とも手がかかる頃に復職したため最初はもう毎日がドタバタでしたね。

何が大変って、やっぱり子供達がそれぞれ病気になってしまったときは、もうさすがに手が回らなくて義理のお母さんに助けを求めましたよ。

体調が良くないそうなので、普段はあまりお世話にならないでおこう、と思っているんですが・・・さすがに下の子が入院したときには私も病院に付きっきりになりましたので、長女のお迎えやお弁当作りなど色々と助けて貰いました。

私は近くにこうしてサポートしてくれる家族がいるので助かりましたけれど、そうしたサポートが無い方もやっぱりいると思うんです。。

そうなると本当に育児と仕事の両立って大変では無いかなと思いますね。

子供達の親孝行の一つって、健康なことかも・・・と思いました。
うちは二人とも病気がちだったので、復職したパート先を辞めて、しばらくは単発メインで様子を見ながら働いていましたね。

育児ブランクが空きすぎるのは嫌だったので、時々で良いから働きたかった。
というのと、ずっと子供達と家にいるのがたまに気持ち的に辛くて、仕事が良い気分転換になったんですね。

もしかすると、同じような方もいるかもしれませんね。

単発でも働ける看護師単発バイトも福岡市ですから、意外と多くて。
福岡 看護師 短期・単発バイト

病棟で働いていた時とはまた違った職場での仕事もたくさん経験する事が出来ましたから、それはそれで良い経験になったかな、と思っています。

スポーツイベントの救護とかは、意外と忙しくて大変でしたけれど。
訪問入浴の仕事も未経験でも応募しやすい求人が多かったので、働いてみました。

色々な職場で働いたことで、時間が出来たときにどう改めて復帰したいかを考える事も出来ましたね。

家計の事もありますが、仕事のやり甲斐も大切です。

相変わらず、仕事と家庭の両立は大変で時々はストレスも溜まってしまいますが、以前よりは楽になったかなと思っています。

子育てが大変な時期って、あっという間に過ぎるのかなと最近は思えるようになりましたね。

かえって手が離れて、寂しい気持ちもあったりします。